読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちがいだらけの運命もそれなりいいじゃないか

A.B.C-Zとつかくんから何だかんだ離れられないひとです。

Defiled

 

5月10日。Defiled観に行ってきました…!

私の語彙力ではちゃんと表現出来ないと思うけど、この気持ちを残しておきたいので書きます。

 

 

 

 

 ※もう舞台は終わったけれど結末が書いてあることをお知らせしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

とつかくん演じるハリーが図書館のカード目録の廃棄とコンピュータ検索への移行を阻止しようとして図書館に爆弾を仕掛けて立てこもる役と知って、ずっとなんでハリーはそんなにカード目録を守りたいのだろう?と考えていた。

実は私は大学でちょっとだけ図書館学を勉強していて、カード目録についても勉強している。私が授業で習ったのはカード目録からコンピュータ検索へと変わったことで便利になったこと。カード目録を作る作業は本当に大変で、一冊の本が追加されるとタイトル名、著者名…などなど複数のキーワードから探し出せるように何枚もカード目録を作らなければならない。探すのも整理するのも大変で、コンピュータ検索へと変わって一番楽になったのは図書館司書だったと聞いた。

だからハリーがカード目録を守りたい理由がどうしても分からなかった。その答えを見つけられたらなと思いながら観劇した。とつかくんがどうハリーを演じるのか、何を訴えかけてくれるのかがすごく楽しみだった。

 

 

 ハリーが守りたかったもの。言葉に出来るものだとやっぱりカード目録や図書館になるかな。時代がアナログからデジタルへと移行していくことで本が読まれなくなること、図書館が利用されなくなること、そうすればいずれ図書館自体がなくなってしまうこと、それを恐れていたのかな。

ハリーのこの考えは私も理解出来る。Defiledが初演されたのはデジタルへと移行していた時代。現代はデジタル化が完遂されたような時代。図書館は本だけでなくインターネット資料なども提供するようになっている。だから最近では"図書館"ではなく"メディアセンター"や"情報センター"という名前で図書館がある。確かに図書館はあるけどハリーが望んだ図書館の形ではないんだろうな。本が好きで本に囲まれている空間が大好きな私も"図書館"が"図書館"でなくなってしまうことは悲しい。

 

でも命までかけること?犯罪まですること?そこにはどうしても共感出来ない。どうして?それはハリーが本当に心の奥で守りたかったものはカード目録でも図書館でもないからかもしれない。カード目録や図書館そのものを守りたいのなら、最初にカード目録の上に乗るとき靴を脱いだりブライアンがコーヒーを置いたときにすぐにどけたり…この姿勢が最後まで貫かれると思うから。ハリーなら貫くと思うから。それにブライアンの提案にも乗る。だってそれならカード目録そのものは守れる。でもハリーは最後に靴でカード目録の上に乗った。ブライアンを振り切り図書館と共に死んだ。ハリーが本当に守りたかったものはカード目録に詰まっている思い出や歴史、司書の思い…そんなものだったのかなぁ。それがハリーにとって神聖なものの中で唯一汚されていなかったものだった。ハリーの神聖なものに対する愛はとてつもなく深い。メリンダにだってきっとそう。でもメリンダはハリーが考える神聖な生き方とは違う生き方をしている。それはハリーにとっては神聖なものを汚されたということ。それがハリーには耐えられないことなんだろうな。だからこそ神聖なものが汚されるぐらいならいっそ自分で綺麗なまま破壊したかった。神聖なものがないのならば生きる意味はない。それがハリーなのかな。

 

でもハリーは最初からもう守れないことを分かっていたんじゃないかな。だってハリーは頭が良い。きちがいでもない。無謀だって気づかないはずがない。それでも実行したのはハリーにはもうこれしかなかったから。出てきて爆弾を仕掛けてる時のハリーが悲しすぎてもうそこで私は泣きそうになった。

 

ハリーはひたすらに交渉を拒んだ。どうせ理解されないと理解されることを拒んでいた。でも本当に理解されることを望んでいなかったのかな?誰かに話したくて理解してほしかったんじゃないかな。自分を。だからブライアンが理解してくれようとする態度をとってくれたから少し心を開いた気がする。少しだけど。ハリーはブライアンのこと好きになりかけてたと思う。でもカード目録や図書館、神聖なものと比べたときまだまだ優先順位が高いのは神聖化したもの。最後ブライアンと抱擁するときのハリーの背中があまりにも小さくて弱々しくて…。全てを悟ってしまった悲しさと、ブライアンに対する「ごめんね」が少し表れていたのかな。

 

 とつかくんが演じている役を愛しく思ってしまうことはいつもなんだけどハリーは特にだったな。理解したかった。だからハリーが最後死んでしまった姿は衝撃的で悲しくて涙が止まらなかったし、しばらく呆然としてしまった。今でも鮮明に思い出せる。カテコの笑顔で「あぁ…とつかくんだ…」ってほっとした。

 

これまで書いてきたのはただの私の解釈でしかない。Defiledには答えがないと思う。どう考えても違うような気がするし当たっているような気もする。答えはハリーの頭の中にしかない。とつかくんがどう考えて演じていたのかは聞いてみたいなぁ。

 

(長文すぎて自分でびっくりしてます。笑 ここまで読んでくれた方ありがとうございます…><)

 

 とつかくんにとってDefiledという舞台に出会えたこと、勝村さんと二人芝居が出来たこと、ハリーを演じられたことは絶対に財産になるんだろうな。とつかくんの演技でこれだけ心を動かされたということが嬉しかった。これからのとつかくんが楽しみでしかない!

 

とつかくん、勝村さん、スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。素敵な舞台を時間をありがとうございました。

 

 

そして、ハリー。ありがとう。

 

How I wonder what you are!

 

 

めちゃくちゃ理想なんだけど…!

え、素晴らしすぎない?こんな私の気持ちに寄り添ってくれるの?ありがたや…。ってことで妄想しまーす!← せっかく材料見つけたのに美味しく頂かないなんてもったいないもんね!(ただの妄想ですので温かい目で見てください許して)

 

 

○彼氏:戸塚祥太

祥太くんは年が離れた幼なじみ。本と映画と音楽が好きで色んなことを教えてくれる。だからデートは映画館か本屋さん。好きなものに目をキラキラさせてる所を見るのが好き。たまに存在忘れられるけど。「ごめんね」ってへにゃって笑われたら許しちゃう。そしてとにかく優しい。誰にでも優しいからちょっとむかつく。自分の顔の威力認識してほしい。そうやって言うと困ったように笑う。そこも好きなんだけど。あと未だに妹扱いして肝心な時に頼ってくれない。無理して明るくしてる時があるの気づいてるんだよ。もう子供じゃないのに。信頼してほしいなぁ。でも笑いかけられるだけでそんなの全部忘れてどきどきするから祥太くんはずるい。

 

 

○親友:橋本良亮

りょーちゃんはお姉ちゃんの同級生。いろいろ話すうちに親友に。何話すっけ?覚えてないぐらいたわいもないことをずーっと話してずーっと爆笑してる。りょーちゃんの言い間違いとかね。ファミレスとか居酒屋とかが多いかな?暇になったり話を聞いてほしかったりすると突然呼んだり呼ばれたり。あ、恋バナは絶対する。アドバイスとかじゃなくてただただ聞いてくれるからありがたい。りょーちゃん女の気持ち分かってくれるから。すごい楽。あとダイエット法とか。私より意識高い系だからね。あ、LINEきた。焼肉の写真送ってこないでよ。しかも写真だけとかいちいちいいよ~。笑

 

 

○ただの友達:塚田僚一

塚ちゃんは私と塚ちゃんの共通の友達とご飯に行くとなぜかいつもいる。友達に呼んだの?って聞いても呼んでないって。な ぜ い る。まぁいいか喋っててくれるし。いっぱい食べてるとこ見るの楽しいし。何だかんだ気遣ってくれるし面白いし。優しいよね、多分。ただ2人はまだきついかなぁ。大人数で遊園地とかならいいかも。あ、お肉好きらしいからお店教えてもらおう。

 

 

○愛人:五関晃一

五関さんとは毎週木曜日に会っている。というか家に来る。落ち着くって笑うからきゅんとする。月一でちょっと高いディナーを奢ってくれる。多分奥さんと私以外にも女いるんだろうな。聞かないけど。きっと笑って「そうだけど?」とか言われる。立ち直れなくなるからやめとこ。前にこの関係が辛くなった時に「もう無理…」って伝えたら、「ふーん俺から離れられるんだ」って真顔で言うんだもん。泣いて無理だって言った。笑って頭なでられた。あぁ…このまま捨てられるまでこの関係は続くんだろうな。

 

 

○結婚相手:河合郁人

 郁人との生活は上手くいってる。というか私はすごく居心地が良くて安心してる。綺麗好きだからちょっと面倒くさいけどね。一緒のソファーに座って私は雑誌、あっちはテレビ。笑い声ちょっとうるさい。ご飯作るためにソファーを立つと「どこ行くの?」って。「ご飯作るだけだよ」って言うと「そっか」って安心したように笑う。ほんわかする時間。このままずっとこうやって過ごしていけたらいいなぁ。

 

 

 

楽しすぎる。

とつかくんってそっか祥太くんだ…とか変な所にどきどきしてたよね。祥太くん。うわぁーー恥ずかしい!!!もう一度言いますけど妄想なので許して!!!

大学のレポートは全然言葉出てこないのにこれはすらすら出てくるのなぜ\(^o^)/

これからGWが全然ゴールデンじゃない連勤&レポートな私のゴールデンな時間だった…!ほんと楽しかった♡

 

 

愛する君へと 馳せる想いを乗せて

 

戸塚祥太くん、とっつー、とつかくん

4月25日 入所日おめでとう!!!

 

18周年。

アイドルになってくれてありがとう。

続けてくれてありがとう。

 

Jr.時代辞めようと思って坊主にしたのは今では有名な話だけど、そうやって話せる今があることは当たり前じゃない。

 

正直不器用だなぁって思うこともあるけれど、そんな所もまるっと大好きなんだと思います。

 

とつかくんの笑顔が大好き!!

これからも応援させてね。よろしく!!!

できれば ゆっくり 僕たちは 愛したい

 

こんにちは!

 

自分の気持ちの記録用として遂にはてなブログデビューしてしまった…!気づけば人生の半分ジャニヲタしてるんだなぁ…と思うとちょっと文字にして残しておきたいなぁと思いまして。

 

2017年3月

自分のジャニヲタ人生の中で2回目の転機を迎えた。いや、3回目?ジャニヲタになった時も入れれば3回目の転機だな。

 

《1回目の転機》

2007年~2008年(あやふや)ジャニーズ好きのお姉ちゃん(ジャニヲタではない)と見てた少クラを見てておたま(玉森)を好きになる。とつかくんも「何この人かっこいい…!」ってなって好きになるけどおたまの方がちょっとタイミングが早かった。録画したはなまるマーケットのとつかくんを早く見たくてランドセルを背負って下校ダッシュとかはしてた。

 

《2回目の転機》

2012年8月。担降り。玉森担→戸塚担に。めちゃくちゃ悩んだ。とつかくんのことずっと前から好きなのに今さらなんでとも思った。初めてだしちょっと怖かったのもある。でも自分の気持ちに正直になろうと思ったらすっと決意出来た。この頃についてまた書けたらいいな。

 

《3回目の転機》

2017年3月。ここ1年ぐらいは私生活の環境も変わったこともありジャニヲタをお休みしてゆるゆる茶の間になっていた。正直このままヲタ卒かなとも思っていたしそれで良いと思っていた。むしろヲタ卒って出来るんだ\(^o^)/ってテンションだった。

 

 

 

…だった。

 

 

そう過去形。

結論から言うとヲタ卒出来てませんでした。まぁ5周年!めでたい!って「Reboot!!!」も買ってたから完全にヲタ卒したとは思ってなかったけども。このまま茶の間だろうなと思ってたのに。

 

ここからはジャニヲタに戻った日のことを書いていきますね。

 

3月のとある日。ウォークマン全曲をシャッフルにして音楽を聴いていた。すると流れてきたのは…

戸塚祥太「ドラマ」

私はアルバムが発売された当初この曲をめちゃくちゃリピートして聴いていた。元々とつかくんの声が大好きで特にこの曲の声が好きだったから。だからこそドキッとした。なんだか胸がきゅってなった。

 久しぶりにと思ってA.B.C-Zの「A.B.Sea Market」を再生させてもう1回ドラマを聴いた。とつかくんの声に安心している自分がいた。そして次に流れてきたのが…

A.B.C-Z「Legend Story」

なぜか私は泣いていた。いや、号泣だった。なんで泣けてきたんだろう。安心感、懐かしさ…。茶の間のこの1年、東京ドーム公演は叶えてほしい、その公演は行きたいって気持ちを持ち続けていたのは事実。あぁやっぱりA.B.C-Zのこと、とつかくんのことずっと大好きなんだなぁって。

最後に行ったA.B.C-Zのコンサートが「Summer Concert 2014 A.B.C-Z★"Legend"」の代々木公演。「トキメキイマジネーション」でとつかくんにときめき過ぎて本気でふらついたこと。会場みんなで「Legend Story」を歌うあったかい空間。楽しくて幸せな時間。あの場所に帰りたいって心から思った。

 この瞬間ジャニヲタの戸塚担の私が戻ってきたんだと思う。

 

そこからの行動は早かった。すぐにFCに入りたまっていた少クラ、ABChanZooを見た。予約開始日に写真集を予約しに行ったし、だいたい昼まで寝ている春休みなのにとつかくんが出るPONのために早起きをしたりした。

 

 

ジャニヲタ楽しい…!!!

 

久しぶりの感覚でうわぁ~これこれ!と思いながら行動していた。こうして私は再びジャニヲタ生活を始めました。

 

人の気持ちって本当に何がきっかけで変わるのか分からないんだなぁ。

とつかくんかっこいい!可愛い!大好き!ってしている今が最高に楽しくて幸せだからオールオッケー!!

 

まとまらなくなってきました(笑)

この急激な気持ちの転がりようを残しておきたかったのです。

とにかく楽しく幸せにそしてマイペースにジャニヲタやっていけたらいいな。それだけです!